1. HOME
  2. 看護部のご案内
  3. 白衣自由化の取り組み

白衣自由化の取り組み

看護職員に魅力ある・働きたい病院を目指して

平成22年に「白衣自由化」を企画し、看護師の自律を目指した、個性を尊重する自由な白衣の提案がありました。平成23年1月より順次取り入れ、7月より自由化を取り組んでいます。

  • 特色1
    和歌山県下民間病院では初めての取り組み
  • 特色2
    自分の着たい白衣を着ることで、仕事(看護)へのモチベーションがアップ!!
  • 特色3
    機能的な白衣を自分で選び、患者ケアに貢献できる。

「白衣の天使」は私達の心に宿っていれば良い。

白衣の自由化は単に白衣の変化のみならず、「看護師は何をする人ぞ」と、その意識に問いかけるものだと思います。看護師が日常生活の支援者であるならば、その活動が十分できるような機能性をもって、身体的にも精神的にも解き放たれて、その本務に邁進できると思います。外的規制と内的規制、自ら両者のバランスを取っていくことのできる人こそ専門職しての自律出来ている人。今、チーム医療の中で看護職の存在が問われるこの時代だからこそ、白衣を自由にする意味があると思っています。